MiのAsian Life in HK

香港在住2年目。香港での生活や海外旅行など。

北角の街市レストラン【東寶小館 Tung Po Restaurant】で広東料理を堪能!

f:id:Mi02:20191104141514j:plain

香港にも秋がきて、湿気も少なく過ごしやすい気候になってきましたね。

 

あまり最近は外食もしなかったのですが、久しぶりに北角にある『東寶小館 Tung Po Restaurant』に行ってきました!

 

東寶小館(Tung Po Restaurant)

 

半年ほど香港に住んでいた友人からおススメされて以来、何度か来ているのですが、ガイドブックにも紹介されたことがあるので、地元の人から観光客まで人気のレストランです。

 

1つ1つボリュームがあるので、大人数の方が色んな料理がオーダーできるのですが、今回は2人で行ってきました!

 

19時以降になるといっぱいになるので、少し早めの時間がおススメです。

 

この時は、19時半ごろになってしまいましたが、日曜の夜だったからか結構席が空いていました。混んでいる時は、大きい丸テーブルに相席なのですが、ラッキーなことに2名席が空いていたので、そこに着席。

 

メニューもちょっとイメージにしくいのですが、日本語訳もあります。

 

f:id:Mi02:20191104131051j:plain

f:id:Mi02:20191104131135j:plain



席に座って食器をお湯で洗っているとビールガールが来るのですが、今回は「Blue Girl」の売り子さんでした。

 

2本以上だとクーラーがついてきます。

 

日によって「青島」だったり「カールスバーグ」だったり「アサヒ」だったり、売り子さんが違うので、いつもここでは毎回違うブランドのビールを飲んでいる気がします。

 

 

f:id:Mi02:20191104131125j:plain
f:id:Mi02:20191104144359j:plain

 

 

この「勝」と書かれたカップがまた雰囲気があって好きなんです。

 

20時を過ぎるとほとんどのテーブルがいっぱいに。

みんな美味しそうな料理を食べているな~と思いながら、今回は2人だったので3つの料理とご飯を注文しました。

 

 

f:id:Mi02:20191104131038j:plain

 

時々、無性に食べたくなる『魚香茄子煲』

 

少し味が濃いのですが、ご飯がめちゃくちゃ進みます。

 

その他は、魚の揚げ物と白菜の炒め物を頼んだのですが、白菜の炒め物はガーリックがききすぎてほとんど食べれませんでした。。

 

大人数の時は、「「鴨汁ご飯の蓮の葉包み」」もおススメです。

魚介類のメニューも豊富!

 

来るたびに魚介系やお肉系やちょっと変えながらオーダーしています。

 

またここは香港には珍しくティッシュとウエットティッシュがあるので、日本の方にも利用しやすいと思います。

 

お店詳細

 

東寶小館(Tung Po Restaurant)

Open Rice:Tung Po - Guangdong Seafood Dai Pai Dong Group Dining in North Point Hong Kong | OpenRice Hong Kong

Opening Hours:17時半~24時半(予約受付は14時半から17時半)

住所:北角渣華道熟食中心2樓

MTR:北角A1出口

 

北角の街市の2階(日本でいうと3階)にあります。

日によっては予約で入れないということもあるので、前もって予約状況を問い合わせしてみることをお勧めします。

 

最後に

 

大体1つ100KHDくらいするので、ちょっと少人数でくると高めになってしまいますが、どの料理もとっても美味しいです。

 

街市の上にあるので、日本のようにきれいなレストランではないですが、香港のローカルな雰囲気を感じながら広東料理が楽しめると思います。