MiのAsian Life

香港在住2年目。香港での生活や海外旅行など。

【香港ワーキングホリデー】仕事の面接はどんなことを聞かれる?服装はどうしたらいい?(パートタイム編)

f:id:Mi02:20191002132952j:plain

 

こんにちは!Miです。

香港のワーホリをスタートさせて、いざ!仕事の面接へ!と思った時に、日本とやはり違う点などがあるかどうか気になりますよね。

前回は、仕事の探し方についてお伝えしましたが、今回はパートタイムの面接を受ける時の当日の流れなどについて私の経験上をお話しようと思います! 私の場合は、現地の会社(香港・日本)でオフィス系の面接経験となっています。

 

 

面接での必要な持ち物は?

こちらは、パートタイムとフルタイムで変わったり、会社によって指示されることが違うので面接のセッティングがある時に確認することが1番だと思います。

パートタイム

特に指示をされることはこれまでありませんでした。ただパートタイムといっても当日にアプリケーションフォームやエントリーシートの記入が必要になることがあります。記入している間は、スタッフの方などが一緒にいるわけではありませんので、分からない単語などがあれば携帯で検索することも可能ですが、基本的には「広東語」「英語」で項目が書かれているので、面接前に作成していた「CV」があればスムーズに記入ができますので、念のため持参しましょう。

 

あとパートタイムの場合、待遇(時間・給料)など直接応相談というケースもあります。メモが大切になってくることもあるので、ノート&ペンは必需品だと思います。

面接時の服装はスーツでないとダメ?

オフィス系のパートタイムでしか面接をしたことがないのですが、スーツでなくても大丈夫でした。(スーツでなくとも受かりました)もし心配な場合は、スーツで行くのが無難だと思います。実際にスーツで面接に来られる方もいっぱいいました。

スーツはどこで買える?

香港ではなかなか日本のようなリクルートスーツが購入できるところが少ないです。またシーズンによっては、見つけにくいことも…。ヨーロッパ等に比べて、サイズが合わない!ということはあまりないですが、セットアップではなく、ジャケットとパンツもしくはスカートが別々なことが多いです。もしすでにお持ちの場合は、日本から持参することをおススメします。(ジャケットなど)H&Mなどでもいくつか売っていますが、夏でも使用が冬のような素材でした。G2000には結構取り揃いがあるので、1度チェックをしてみてもいいかと思います。

面接は、日本語で?それとも英語・広東語?

日本語での媒体から応募をしていて、「語学不問」「コミュニケーション程度」などの記載がある場合や面接までのやりとりも日本語の場合は「日本語」での面接になることが多いと思います。もし「英語」や「中国語・広東語」が「ビジネスレベル」と募集内容に書かれていた場合は、香港人スタッフとそれぞれの言語で面接をする可能性が大きいです。

 

私の場合は、基本的には「日本語」を仕事で使用する会社だったので面接も「日本語」で行われることが多かったです。転職エージェントを介して面接などをセッティングした場合は、エージェントより面接について詳細を教えてくれることがほとんどですので、準備を万全にしておきましょう!

面接での質問は?どんなことを聞かれる?

面接官が香港の方もしくは日本の方で多少変わってくるかもしれませんが、基本はフランクな感じで行われることが多かったです。

  • なぜワーホリに来たの?
  • これまでの仕事内容
  • なぜこの仕事をやりたいと思ったの ?
  • 6カ月が終わった後の予定は?(同一の雇用主のところには6カ月以内しか働けないため)
  • 香港生活はどう?なぜ香港?

などなど。

シチュエーションによっては、雑談程度でもプライベートについて突っ込まれることもあります。あとは「自己紹介」を求められることもありますので、念のため準備をしておいた方がいいと思います。

 

香港での面接はレジュメなど事前に確認していないことが多い印象です。例えば、「カスタマーサービスの経験はありますか?」「はい、以前の職場でもカスタマーサービスをしていました」「あ!そうなんですね!」っていう返答があったり(笑)何か返答するとレジュメを確認するという流れが多かったような気がします。

あとは、最後には必ず「何か質問はありますか?」を聞かれると思いますので、こちらもいくつか用意をしておきましょう!(質問がゼロだと興味がないと思われてします可能性大)

合否の連絡はいつぐらいに来る?

大体が、2日~1週間ほどで返信がくることが多いです。すぐに人が欲しい場合は、次の日にくることもありますが、香港のパートの場合、結構競争率が高い(オフィス系は特に)ケースが多いので、他の方の面接が終わってからになると時間がかかることも。

最後に 

皆さん、パートタイムの面接っていうとかなりブランクがあるケースが多いのではないかな?と思いますが、面接も基本は日本と同じような感じで進むことが多いと思いますので、リラックスして挑みましょう!ただ日系企業のオフィス系(金融・ファイナンス)や転職エージェントから紹介をしてもらった求人の場合は、もっとフルタイムに近い面接形式になるかもしれません。事前に転職エージェントの方に情報を収集してから、準備をすることをお勧めします。