MiのAsian Life

香港在住2年目。香港での生活や海外旅行など。

エポスカード海外旅行保険に付帯する携行品損害補償を海外で申請する方法。スーツケース破損したらどうしたらいい?

f:id:Mi02:20190521124100j:plain

現在、香港に住んでいる私ですが観光ビザで滞在しているため、今回は特に海外保険には入らずにきました。(前回はワーホリだったので、T@bihoたびほにお世話になりました)でも実際、物をなくしたり壊したり、病気になったりって短期の滞在でも起こりゆることですよね。今回、不運にもスーツケースが破損してしまい海外保険付帯のエポスカードにお世話になったので、申請方法などについてもお伝えしたいと思います。

エポスカードが便利な理由

エポスカードは海外保険が自動付帯のため、特に事前に申請をしたりクレジットカードを旅行のために使用したりせずとも、海外保険が使えます。他のクレジットカードだと、利用付帯(クレジットカードを使用する必要がある)だったり、年間費がかかったりとクレジットカードを持っているだけで、コストがかかってしまうものもあります。

その点、エポスカードの場合は普段使用しなくても持っているだけで、海外保険が使えてしまうとっても便利なクレジットカードです。

f:id:Mi02:20190521131207p:plain

補償内容も無料でこれだけを補償してくれるのは、すごいですよね。ただ注意点としては、補償対象は「カード名義人のみ」補償期間は「1旅行につき最長90日間」となっています。

www.eposcard.co.jp

海外旅行でスーツケースが破損してしまった場合の流れ

私もこのエポスカードをもっていますが、不運なことに今回香港へ来た際に、スーツケースが破損していたことに気づきました。それも2つとも。そこで初めてエポスカードに保険金請求をしてみました。

事故受付センターへ電話

まずは「エポスカード海外保険事故受付センター」へ電話をします。その際に、エポスカードの番号を聞かれますので準備しておきましょう。

 

・ 0120-11-0101(24時間受付) 日本国内

・ 800-905-135 (香港)

 

もし、香港の番号にかける場合は、その旨を伝えれば通話料も着払いにしてくれますので、安心です。事故の報告は、帰国後でも可能ですが事故発生から30日以内を過ぎると補償期間外になってしまうので、必ず30日以内に電話をしましょう。

 

電話では、「事故の受付をしたので日本に帰ってから、また連絡をください」と言われてしまったのですが、破損したスーツケースで日本へは帰れないし香港でどこで修理ができるのか分からないので、とりあえずこっちで申請をしたいと伝えたところ香港の担当の方からメールで「海外保険請求書」を送るので、そちらに記入後、香港の窓口へ郵送してくださいとのことでした。

保険金の請求

電話から3日後くらいに香港の担当の方よりPDFにて「海外保険請求書」が送られてきました。また、その他には下記の書類が必要とのことでした。

  •  パスポートコピー (顔写真ページ)
  •  事故日直近の日本出国日の分かるEチケットなど
  •  損害品写真(全体の写真と壊れている箇所)
  •  修理見積書/領収書/修理不可能証明書 原本
  •  損害品購入時の領収書/保証書

 

ただ「修理見積書/領収書/修理不可能証明書 」については、こちらで修理を依頼していないので、提出不要。また「損害品購入時の領収書/保証書」も海外にいるため、手元にないということで特に領収書などは提出はしませんでした。代わりに、「海外保険請求書」にスーツケースを購入した時期と値段について記入するところがあったので、そこに記入をしました。

必要書類をそろえて指示された住所へ郵送をしました。タイミング悪く長期の休みがはさまってしまったので、1週間後くらいに書類が届いた旨といくつか追加で質問があり、査定に入るのでしばらくお待ちくださいと返信がありました。

実際の保険金査定額

それから1週間後くらいに査定がでたので、合計金額から免責金額3,000円を引いた金額をご入金しますということでメールがありました。私のスーツケースについては、修理が不可能(修理代の方が購入額より上回る)という判断から、時価額からの査定となりました。大体、当時の価格より50~80%くらいということらしいのですが、90%(1年前に購入)と40%(4年前に購入)で査定がされており、免責金額を引いて、10,800円入金されるということです。指定口座の入金についても後日1週間くらいで確認ができました!

POINT

私の場合は、修理には出さなかったので時価額での査定となりましたが、実際に修理に出した場合には、修理費用から免責を引いた額での補償となります。エポスの携行品損害保険の上限は1旅行で保険期間中(90日間)20万円まで可能です。

まとめ

今回は、香港からエポスカード付帯の海外保険の請求をしてみました。初めてクレジットカードの海外保険を利用しましたが、ややこしいやりとりもなく無料でここまでサポートをしてくれるエポスカードはすごいですね。

私の場合は、スーツケースの破損状態がひどかったので、このまま日本へは持って帰れないということと、香港で修理に出すとしてもどこでお願いすればいいか分からなかったので、現地で保険金を請求しましたが、基本は、メールでのやりとりになるので、海外にいても利用しやすいと思います。ただ事故報告から入金まで1カ月以上はかかりますので、時間がない場合は日本での請求をおススメします。