MiのAsian Life in Hong Kong

香港在住2年目。海外旅行や香港での生活を書いています。

MENU

「世界の奇祭10選」にも選ばれた香港:長州島の饅頭祭り!(2019)

    f:id:Mi02:20180527124849j:plainf:id:Mi02:20180527124908j:plain

さて、今年もこの季節がやってきました!香港「長州島饅頭祭り」です。

アメリカのタイム誌に「世界の奇祭10選」に選ばれたということもあり、とってもユニークにあふれるお祭りですが、今年も行ってきました。

去年の記事はこちら

 ・ 香港でのお祭り「長州饅頭祭り」とは??

去年は夜に行ったので、そこまで混雑していなかったのですが、今年はお昼間に行ってきました。毎年かなりの人がこの時期に長州島へ訪れるということもあり、お昼間の饅頭祭りの様子について、レポートしていきたいと思います。

そもそも香港「長州饅頭祭り」とは?

毎年、旧暦4月5日~9日に長州島で行われるお祭りです。ちょうど旧暦4月8日(仏誕節)ごろに行われるので、お釈迦様の誕生を祝うお祭りかと思われがちですが、実際は、「長州島で疫病が大流行した時に、困った島の人々が神様に祈りを捧げたところ疫病が静まった」ということから、その後に神様への感謝と亡くなった人々への鎮魂の意を込めて、このお祭りが行われるようになったとのこと。

饅頭祭りの見どころは?

今年(2019年)の饅頭祭りは、2019年5月9日(木)~13日(月)で行われました。こちらは旧暦に合わせて毎年日付が決まるので、年によって開催日程が変わります。

饅頭取りレース

1番の目玉行事である「饅頭取りレース」では、9,000個のプラスチック製饅頭が取り付けられた高さ14メートルの饅頭塔によじ登り、3分間で饅頭をいくつ取れるかを競います。高い場所に取り付けられている饅頭ほど、高得点なので、参加者はスタートと同時に一気に上を目指して登ります。毎年、お祭りの2~3週間前に予選が行われ、勝ち残った数名が決勝戦として当日に競い合うようです。時間は、23時30分から開会式が始まり、レースが日付が変わる24時からです。

飄色(ピウセッ)パレード

神様や歴史上の有名人に扮した子供達が、歴史・伝説上の有名人物などに変装し、高い位置で持ち上げられて宙を漂うという不思議なパレードです。最近では、話題のタレントに扮した子供たちも少なくないようです。こちらは同日の午14時から16時まで開催されます。

長州島への行き方

行き方:香港中環フェリー乗り場5番(Pier5)
フェリー時刻:約30分毎に出航

高速フェリーだと約30分 通常フェリーだと約1時間ほどで着きます。

饅頭祭りの様子

f:id:Mi02:20190513151206j:plain

パレードの前の11時~13時過ぎはかなり混雑するという風に聞いていたため、11時少し前にフェリー乗り場に着き、とくに並ぶこともなく高速フェリーに乗れました。高速フェリーのファーストクラスで、料金は38.8HKDでした。現地についてみると長州島へのフェリー案内(料金や時間)などがあったので、初めての方でもスムーズに行けると思います。また、11時過ぎからは、規制がかかり長州島行きの列が用意されるみたいなので、もっと混雑するかもしれません

お昼間は、夜と違ってたくさんのお店が開いていて、歩くだけで楽しい!このパイナップルジュースめちゃくくちゃ美味しかったです。また大きな「フィッシュボール」も人気のスナックなので、ぜひお試しください。個人的には、カレー風味が好きです。

f:id:Mi02:20190513151803j:plain

f:id:Mi02:20190513152034j:plain

f:id:Mi02:20190513152026j:plain

パレードの前だったので、かなり人が多く前に進むのもやっとな感じ。そして、この時期の香港は日差しも強く、かなり暑いです。去年は、5月22日で後半だったので、夜に行きましたが、この時より湿気が多くジメジメした感じで、常に汗が出ていました。それよりかは風も涼しく快適でしたが、日差しが照り付ける中、歩くのでみんな日傘を持ちながら歩いています。

 f:id:Mi02:20190513151811j:plain

 f:id:Mi02:20190513151816j:plain

12時にはすでにパレードを見たい人達が、お店の席などをキープしていました。私達は、うろうろと歩いていましたが、たまにメイン会場へ行く人達に遭遇!意外と歩くだけでもパレード気分を楽しめました。

f:id:Mi02:20190513151224j:plain

海鮮料理も堪能。長州島には、海鮮料理屋さんがたくさんあるので、ぜひ食べていくことをお勧めします!テラス席であれば、パレードも見ながら楽しめましたが、いっぱいだったので、中の席でご飯を食べることに。帰りにお店を出るとヤバイくらいに暑かったので、中でクーラーにあたりながらご飯を食べて正解でした・・・。

帰りは、高速フェリーは列ができていたので通常フェリーで帰宅。かなりの人でごった返しており、この人数が全て1つのフェリーに乗れるのかと心配になりましたが、1フロア400人くらい乗れるようだったので、無事に席もありました。2階と3階(ファーストクラス)はクーラーがありますが、1階はクーラーがないので、夏場はちょっと厳しいかもしれません。

 まとめ

毎年この時期にはたくさんの人が訪れる「長州島饅頭祭り」。夜の饅頭祭りも楽しいですが、お昼は活気があってパレードの雰囲気も楽しめます。お昼間は色々なお店が開いていて人は多いですが、ブラブラと歩いているだけでもとっても楽しめるお祭りとなりました。もし行かれる方は、「日焼け止め・日傘・サングラス」をお忘れなく!また今回は食べませんでしたが、「平安」と書かれた名物のお饅頭もおススメですので、1度食べてみてくださいね。