MiのAsian Life in Hong Kong

香港在住2年目。海外旅行や香港での生活を書いています。

MENU

香港ワーホリ生活 - ささいなケガから病院へ(涙)

こんにちは!今日も香港は暑いですね。今日は朝から病院へ行ってきました…

土曜の夜にシャワールームの排水溝を掃除しようと思い、手を突っ込んだところ、左の中指を負傷…と言っても切り傷なんですがね。入れた瞬間「いてっ!!」これ切ったなと。ちょうど第2関節の少し上1センチ~1.5センチほどの傷です。切った時から結構ジンジンとしており、曲げると痛いのですぐに洗って絆創膏をはろうと思ったんですが、何か嫌な予感がして再度水で洗い流してから、絆創膏を。とりあえず動かなさければ大丈夫だったので、そのまま放置していたんですが、日曜の夜に絆創膏をはがしてシャワーをあびたあと熱を帯びるように切り傷周辺が赤くなりジンジンと傷みが強くなっており…。

「こればい菌はいったな」

と瞬時にさとりましたよ。

私のアパートだけかもしれないんですが、キッチンの排水溝もシャワールームの排水溝もプラスティックとかではなく結構頑丈なステンレス?鉄なのかな?で作られているんで、円形でも強く指があたるとすぐに切っちゃうんですよね。香港にきて何度切ったことか…

でもこれは何か切った時からの痛みの種類が違ったので、なーんか嫌な予感がして一応念のため水で何度か洗ったんですが、ダメでした…多分すぐに絆創膏をはって傷口をふさいじゃっていたのが原因なのかな。。曲げると痛かったので曲げないようにしていたら、傷口がピシーっとくっついちゃっているんですよね。

朝にはおさまるかな~なんて呑気なこと考えながら寝ましたが、翌朝全然腫れおさまってない。逆にひどくなったんじゃないか。。くらい。そんな時のために!一応は昨日の夜に海外保険を調べてどこの病院が提携がどうか見ていたわけです。香港には10カ所ほどキャッシュレスが可能な病院がありました。この時代、便利ですね。でもセントラルが多くちょっと遠いところばかり。近くにもいくつかありましたが、何かどんな病院かも分からないのでセントラルが安全かな~と思っていたんですが。

 

「え!?これヤバイやん。すぐに病院に行こう!すぐ下に病院あるし!」

「…いや、保険の提携の場所あるし、そこ行くよ。手続き楽そうやし」

「予約どうやってするん?」

「……」(←電話番号もっていないやつ)

「早く用意して!!会社行く前に一緒に行って通訳するから!!」

「…でも…」

「早く!!!!!」

 

こういう時いつも押しに負けちゃうんですよね。弱い私。色々と言うのもめんどかったんで素直に応じたんですが、アパートのすぐ近くのところは9時Openだったため仕事に行かないと行けない彼にはちょっと遅い時間。結局彼の会社の同じビルにクリニックがあるということで8時半からOpenもしていたため一緒に会社のビルまでついていくことに。

 香港IDカードを見せて問診票を書いて、数分待っているとすぐに呼ばれました。担当は女の先生で英語話せたのですが彼が広東語で話しかけるもんだから、先生も中国語でもう何言っているかよう分からん状態。先生(広東語&英語)→彼(広東語&英語)→私の通訳状況。どっちか1つで統一して話してくれ!!!と思いながらも耳をかたむけていると

「どうやってきったか」

「サビなどはあったか」

「切ったあとはどういった処置をしたのか」

「破傷風のワクチンはちゃんと接種したか」

←何か腫れ方が異常(傷の大きさの割に腫れ過ぎているらしい)なので、破傷風の処置もした方がいいということでした。破傷風のワクチンは大体都市に住んでいるところであれば、必ずしているもんだから一応の確認だけどね。ましてや日本だったらちゃんとしているでしょうってことでしたが、ワクチンをうってない場合は6週間後と6カ月後に再度注射を打ちにこないと行けないらしいです。あとは薬のアレルギーはありませんか等、日本でも聞かれそうなことを諸々と。優しそうな女のお医者さんだったので、安心しました。

とりあえず10分ほどで診察は終わって、薬のカウンターへ処方箋を出しに。特にまだ膿んでもなかったからか傷口をどうのこうのは何もありせんでした。薬の説明をしてくれるお姉さんも英語で話してくれたんですが、早口でババババババーっと話すので、何言っているかサッパリ分かりませんでしたが、とりあえず1日食後に2回とかそういうのは分かったので、お金を払って次の診察を待ちました。薬は2種類(抗生物質と傷口に直接塗る消毒液のようです)次の診察では、注射(破傷風)をうたれました(涙)

 

診察代450HKD

注射120HKD

薬代68HKD

計638HKD

 

でした。とりあえず今は海外保険会社に連絡をしているところです。早く治ればいいな…香港に来る前に歯医者に行って全部見てもらっていたんですが、歯と歯のすきまにいれていた詰め物がとれてしまったため、近々歯医者にもいかないと行けないのに…このような出費はおさえたいものです。。普段日本ではこんなこと1度もなったことないのにやはり環境も違えば、体調やその時の状況で色々を起こってしまうんでしょうか。

クリニックは朝から結構たくさんの人がいました。皆マスクしていたので、この時期は風邪もはやるんですかね。そんな私も1週間ほど前にのどと鼻をやられましたが…室内と室外の気温差が半端ないので、体調も崩しやすくなってしまうんだと思います。皆様も体調にはお気をつけを!!!

ということでクリニックレポートでした!