MiのAsian Life in Hong Kong

香港在住2年目。海外旅行や香港での生活を書いています。

MENU

香港島だけじゃない? Lamma Isaland って?

皆んさん、こんにちは!ここ1週間ほど、色々と出かけたりしてバタバタと過ぎる毎日。書きたいことはいっぱいあるのに、なかなか追いついていない状態です。とりあえず、今日で一旦落ち着いたので、先週の記録から。

先週は金曜の昼から出かける用事があり、夜もかなり歩いたので週末はゆっくりと過ごそうと思っていたのに。。そう上手くはいきませんね。「13の理由」シーズン2が18日から公開になったので、カウチで見ていたら、用事があってお昼出かけていた彼から電話があり「ねぇ今めっちゃいい天気だし、そんな暑くもないからラマ島行かない?どう?」と。正直、昨日歩き過ぎて疲れていたので嫌だと言いたかったのですが、せっかくの週末だし1日くらいはいいかなっと思って軽い気持ちで「いいよ」と言ってしまったのでした。

ラマ島

香港でランタオ島、香港島に次いで3番目の面積を持つこの島は、平地があまりないため、人口は1万人ほど。新石器時代から人が住んでいたことが考古学的に証明され、香港で一番最初に人が住みついた島とも言われます。1980年代から郊外の住宅地として注目され、今では西洋人を中心に50カ国という多国籍な人々が居を構えています。ウィークデーには、香港島へフェリー通勤するビジネスマンも多くみられます。車が一台も走らないのどかな島には、榕樹湾(Yung Shue Wan)と索罟灣(Sok Kwu Wan)という2つの船着場があります。どちらにも中環からのフェリーは到着しますが、二つの街を繋ぐのは、1時間20分のハイキングコースのみ。お洒落なカフェや雑貨屋が軒を連ねる商店街があるのが榕樹灣。一方の索罟灣は、新鮮で良心的な値段の海鮮レストランが集まる船着場として有名です。

といった感じの島のようです。ただ今回もリサーチ0という私達は中環(セントラル)駅で待ち合わせして、フェリー乗り場へ向かい、そのままラマ島へラマ島へ向うことに……(;^ω^)

中環(セントラル)を降りると香港駅・フェリー乗り場へ向かいます。表示通りに進むとフェリー乗り場へは着くのですが、1階へ降りて、右手方向に進みます。4番乗り場まで行くとこちらが「ラマ島」行きのフェリーです。特にチケットを買う必要もなく、香港にいる方にはおなじみのオクトパスでフェリーに乗れちゃいます。発車から3分ほど前になったところで、ゲートがあき、ぞろぞろぞろぞろと待っていた人がフェリーに乗り込みます。

      f:id:Mi02:20180521161108j:plain

フェリーから見た景色。フェリーは1階と2階があります。

マカオ行きのフェリーでも思いましたが、結構揺れます。マルタにいた時は、ゴゾ島に行くときなどフェリーを利用したことありますが、全然揺れなかったのに…船酔いや車酔いしやすい私にとっては結構大変な時間でした。

30分もすると目的地「榕樹湾(Yung Shue Wan)」に到着!

最初の感想としては、「え。。。ここ何??」いや、、、申し訳ないんですが、東南アジアへはベトナムしかまだ行ったことがなく、木が生い茂っている「離島」という離島のイメージが私の中にはなく、ちょっとカルチャーショックをうけたのでした。しかも彼には「外国人がたくさん住んでいるから、オシャレなカフェとかレストランとかあるらしいよ」と聞かされていたもので、イメージはもう。そう。ヨーロッパ。なのにこの景色もう何か私の地元である地域が思いおこされる感じでしたね。

    f:id:Mi02:20180523195530j:plain

そして、何もリサーチをしていない私達。そのまま人の流れにそって歩きます。確かに外国にありそうなカフェやバー、B&Bなんかもちらほら。外国人が経営しているであろうお店には、欧米やヨーロッパですかね。アジア人ではない方が集まって昼間からビールを飲んだり、ご飯を食べたりしていました。

      f:id:Mi02:20180524184426j:plain

確かにお店の雰囲気は海外!ってのもいくつかあるんですが、基本は香港の商店街な雰囲気。とりあえずサクサクと進みます。地図やサインを見ると15分ほど歩くとビーチがある模様。そして1時間歩けば、「 索罟灣(Sok Kwu Wan)」に着くようですね。そこからフェリーがまた出ているので、そこまで歩くのが王道コースのようです。索罟灣(Sok Kwu Wan)エリアは海鮮が有名らしいので、そこまで歩いてご飯を食べてフェリーに乗って帰るか。と歩き始めました。

ただ私、急に呼び出されたもんだからお昼ご飯を食べてなかったんですよね。フェリーに乗る前に何かちょっとしたものは食べたんですが…彼もお腹が減ったとのことだったので、よさげなレストランを探していたんですが、まだ中途半端な時間だったので(午後16時半とか)とりあえずビーチまで歩くことにしました。暑い中、木が生い茂っている道を通り、蚊におびえながら…何だか誘われて軽く「いいよ」言ったのを少し後悔しながら。。途中には外国人の人が外国人が好きそうなビールを売っていたり、車が禁止されているので、みんな自転車に乗って優雅に走っていたり。ビーチで行くであろう人達もちらほら。そして無事にビーチに着いたのでした。

      f:id:Mi02:20180524184523j:plain

さっそく近くにあったレストランでご飯を頼んだのですが、軽食をとってまた後で夜ご飯を食べようかなと思っていたわりにはかなりお腹がすいていたので、私はがっつりカレーを頼み、彼はパスタを頼むことに。ビールとレモンティーで乾杯!

が、結局彼のパスタは出てこないまま時間が過ぎ、30分。スタッフの人を呼ぼうと手をあげてサインを送りますが、1人しかいないのかバタバタしていて気づくようすもなく。行って聞いてこようと思いきや注文をとっていたり、レジでお客さんを対応していたりで、なかなか話にも行けず10分経過。私のカレーが終わってしまったので「もうキャンセルするし、レストランでよう」と言う彼。レストランを見渡すとスタッフさんは休憩に入っていて、なんやら談笑&ご飯中。でも普通はパスタ作ってくれるでしょ。オーダーとったんだから。と腑に落ちないままレジへ。

「パスタ頼んだけど、来なかったからキャンセルして会計してください」

「あ、分かりました。どこのテーブルですか?あそこですね。」

「40分待っても来なかったんですよね」

「ああ。そうなんですか。えっと何を頼まれました?はいはい。でパスタをキャンセルですね」

「はい。」

「すみませんでしたね。スタッフがいなかったようで」

「‥‥‥‥。」(私たち)

 

いやいやいやいや!!!!何それ!!!!って毎回思うんですけど、本当香港の人達のサービスってさっぱりっていうか何と言うか…そこ、「本当に申し訳ありませんでした」っていうところじゃないの?って。前にもあったんですけど、2人サラダとドリンク+メイン料理のセットを頼んだんですが、ドリンクは2人一緒にもってきて、サラダはなぜか1つだけ持ってくるスタッフ。結構待ってもサラダ持ってくる気配がなかったので、彼が「サラダまだですか?1つ来てないんですけど」というとちょっとえらめなスタッフさんが「あ」って顔をしてすぐにオーダーか何か確認しに行ったんですが、そのあとに来たのがセットのサラダじゃなくて、「普通の単品の大きなサラダ」いやいや!ってこれじゃなくてセットのサラダですって言ってやっと持ってきてくれたんですが、オーダーしてもないサラダを良くだせるな!!!しかも「このサラダじゃなくて、セットのサラダです」と言ったあとのスタッフさんの反応も「あ」って顔だけ。そんな文化なんでしょうか。。

まぁ今回は食べれなかったのは彼だから横で様子を見ていた私。

「怒るべきでしょ。そこ」と言う私に彼は「内心は怒っているけど、言っても何にもならないし、とりあえず何か食べたい」

「そ、そうだよね」

と近くにあった怪しい売店でスナックを買った彼。かわいそうだ…

そして、かなり暑くてムシムシしていたので体力もすでに奪われ、あと45分も歩く気力もなくなり、18時くらいになっていたので、暗くなって歩くのも嫌だったので「もう帰ろう」と来た道を戻り、、、、

 

バイバイ。Lamma Island ...

帰りは夕日が当たって綺麗な海でした。しかし思い起こされるのはやっぱり私の地元の海。。。残念。。。

    f:id:Mi02:20180524184756j:plain

またもやフェリーに揺られること30分香港島に到着。私はお腹いっぱいでしたが、残念なことに彼は簡単なものしか食べてなかったので

「あぁぁ。。ラーメン食べたい」(日本語で笑)

ということで、香港駅近くのタワーに入っているラーメン屋さん「五行」へ行ってラーメンを堪能したのでした!!ここでは日本のお酒も結構豊富にあって、梅酒とゆず酒も美味しく頂きましたよ!!久しぶりの日本のお酒…美味しかった。。

 

と終わりよければ、全て良しですかね。とりあえず外出しなきゃよかったよ。とはならずに良かったです。次はもうちょっと涼しい季節にハイキングしたいものです!!!

ビーチは香港の中でも綺麗!と言われているそうなので、夏には海水浴に来るのもありかなという感じでしょうか。近くに行ってみてないですが、やはりマルタのような地中海の海とは色が違うな~なんてちょっとしんみり見てしまったのでした。

懐かしいマルタの海☟これはコミノ島の海です。

f:id:Mi02:20180426122227j:plain


こちらの記事を読んで「参考になったよ」という方は、応援クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村