MiのAsian Life in Hong Kong

香港在住2年目。香港での生活や海外旅行など。

MENU

音をたてるな! 『A Quiet Place』 見てきました!

さて、日本はGWですね!皆様いかがお過ごしでしょうか?香港は、夏が近づいてきたのか毎日蒸し暑い日が続いています…私のアパートでもエアコンをほぼ使用する毎日。電気代が怖いです…。

香港ワーホリ生活も早5か月目。特に何もしていないんですが、時間ってすぐに過ぎてしまいますね。香港ワーホリ生活についてはまたおいおい詳細を書いていこうと思っていますが、今日は「映画」ネタを!

香港では、5月1日はホリデーでしたが、その他は普通の平日&週末です。昨日はあまり天気が良くなかったので、ショッピング&映画鑑賞をしてきました!マルタでは映画は€8とかで日本に比べたら、めっちゃ安くて何回か見に行きましたが、香港は日本と同じくらいでしょうか?場所とかによっても料金は変わってくる感じです。出不精でなかなか外で遊んだりしないのと映画(特に洋画)が好きなので、1カ月に1回は映画鑑賞をする生活を過ごしております。

というわけで!今回は「A Quiet Place」を観てきました!

 

                          f:id:Mi02:20180506120949p:plain

香港で映画を見るのが良い点は、日本に比べて早く上映されること!(逆に日本の映画の公開はかなり遅いようですが)海外の映画の場合、字幕は中国語なので英語を聞いて全て理解しないといけないので、私にとってはまだまだ難しいのですが、こちらの映画は全然問題ありませんでした!

 

アメリカでも高く評価されている作品で、日本では秋ごろに上映を予定されているとのことですが、これは私の中でもかなりのHIT作品だったので、ぜひ1度見てみてほしいです!

さて、なぜこちらは私の英語力でも全然問題なかったか?

 

それは

「If They hear you , They hunt you 」

ルール①:Don't make a sound

ルール②:Never Leave the path

ルール③:Red means RUN

 

というわけで、「音を絶対たててはならない、音をたてると襲われる」というホラー映画だからです。

このルールについては映画を見れば分かるようになっています。

 ストーリー

2020年、宇宙からやってきた盲目のモンスターにより人類は存続の危機にさらされていた。そのモンスターは目が見えないために極めて鋭敏な聴覚をもっており、音をたよりに人を襲うため、音をたてないように細心の注意を払いながら生活するアボット家族。家族は夫婦と子供が3人。真ん中の子は耳が聞こえないために、手話で会話をし、裸足で生活する彼ら。そしてもうすぐ赤ちゃんが産まるという状況。しかし、そんな一家を想像を絶する恐怖が襲う。

という感じで、ほぼ映画内では手話を使って会話をするので、字幕(中国語&英語)なため英語があまり得意ではない!という方でもしやすくなっています。話したとしてもかなりの小声なので、字幕がはいります。

 

ここからはネタバレが入りますので、もしまだ映画を見ていない方で興味がある方はスルーしてくださいね!

ネタバレ

映画は、誰もいない廃墟ともいえるスーパーに家族で食料を調達しにきているシーンから始まります。母親エヴリンはスーパーで見つけた薬を息子マーカスにあげています。真ん中の子、娘のリーガンは耳が聞こえないようで皆、手話で会話をしています。一番下の子ビューは、チョークか何かで床にロケットの絵を書いていました。「ロケットにのれば、ここからみんな抜け出せるよね」と意味深なことを言います。

食料や必要なものを調達し、みんなで帰ろうとしているとビューがロケットのおもちゃを手に持ちながら歩いてきました。父親のリーは緊迫した様子でそのおもちゃを息子からとりあげ「これは音が大きすぎるからダメなんだ」と言って、おもちゃの中から電池をぬいて、その場に置いて帰るよう言い聞かせ、そのままみんなでスーパーを出ていきます。

娘のリーガンは、ビューのことを思ってかロケットのおもちゃを「みんなに内緒ね」と言って渡してしまします。ビューはもらったおもちゃと一緒に父親がぬいた電池も隠れて持ち帰ってしまいます。

家族は足音もたてないように裸足で砂をしいた道を1列になって進みます。橋を渡っている時でした。ビューがロケットのおもちゃに自分で電池を入れてしまい、そのおもちゃから大きな音が…。

誰もが一瞬信じられないような表情をし、父親のリーがすぐさまビューのもとへかけよったのですが…しげみから物音が聞こえたかと思うと、その瞬間突如現れたモンスターによってビューは…。

 

その1年後、家族はモンスターに見つからないように音をたてないよう工夫しながら生活を続けていました。リーガンはビューがモンスターに殺されたのは自分のせいだと自分自身を責め、また父親のリーもビューを殺した自分のことを嫌っていると思いながら暮らしていました。

もうすぐ産まれそうな赤ちゃんのために色々と準備をしていたエヴリンですが、思いもかけず予定日前に陣痛が始まってしまいます。赤ちゃんは無事に産まれますが、モンスターが家族を襲い、母親と赤ちゃんだけでなく、2人の子供がモンスターの犠牲になる危険が。

お産が終わったばかりのエヴリンにずっと付き添っていたリーは「あなたの役目は子供たちを守ること。絶対に守らなければならないの」と言われ、2人の子供を探しにいくのですが…

自身の弟を自分のせいで失い、そのせいで父親から嫌われていると自分を責めながら生きているリーガン。もう1人の弟は必ず守りきろうとする中で、最後は父親からどれだけ愛されていたかを知るリーガンでしたが、その時には。。

 

映画の時間は90分ですが、始めから終わりまで一切気がぬけず、あっという間に終わってしまいました。しかもただのホラー映画ではなく、親子愛も感じられるストーリーとなっています。思わず泣いてしまいました。

主演の俳優さんと女優さんは私生活でも本当のカップル(夫婦)です。

これまでいくつか香港で映画を観ましたが、相手の趣味に合わせるので結構話が複雑だったり英語が難しかったりで、ストーリーは把握したけど、所々ちょっと理解ができなかった…という不完全燃焼感があるんですが、こちらは全くと言っていいほどすんなり入ってくる映画でした。

 

という訳で、もし皆さん機会があれば、ぜひ1度見てみてくださいね!

 

          f:id:Mi02:20180506172049p:plain  

 

次に気になるのはこちらの「DESTINY 鎌倉ものがたり」日本では去年に放映されたみたいなのですが、香港では5月10日から。かなり遅れての上映です。中国語などの字幕が必要だからですかね。とりあえず楽しみです!またこちら観たら感想書きたいと思います!