MiのAsian Life in Hong Kong

香港在住2年目。海外旅行や香港での生活を書いています。

MENU

マルタ留学 語学学校ではどんなコースがあるの?実際にとっていたコースについて。

    f:id:Mi02:20180426123135j:plain

語学学校が決まったら、次はどんなコースをとるのか悩めるところですよね。エージェントのサイトを見ていても何となく分かるけど、実際の雰囲気ってどんな感じなんだろうと思っている方もいらっしゃるはず。今回は、私が実際にとっていたコースについて詳しくお話をしたいと思います。

マルタの語学学校でとれるコースっていうのは、そこまで多くないので大体の人は一緒のコースで受講をするはず。数週間~3か月ほどの短期留学の場合は、そんなに気にすることもないかなとは思うのですが、3カ月以上の長期の方には、コースの取り方も大切になってくるので、しっかりと計画をたてましょう!

 マルタ留学 語学学校にはどんなコースがあるか

  1. 一般(ジェネラル)コース20(週20時間)
  2. 一般(ジェネラル)コース30(週30時間)
  3. コンビネーションコース(一般コース20+プライベートコース)
  4. ミニグループコース
  5. ビジネス英会話コース
  6. 試験対策コース
  7. アカデミックイヤーコース
  8. Club30コース

HPを見ると大体こんな感じのコース名が書かれてあると思います。大体は、「1.一般(ジェネラルコース)」を基本にして、午後にクラスをとるかとらないか。人数を少なくするかしないかなどなど自分にあったコースにアレンジしていく形となると思います。では、コースについて詳しく説明をしていきます。

1.一般(ジェネラル)コース20(週20時間)

1コマ45分(50分)で、4コマのレッスンが午前中もしくは午後にあるコースです。2コマが終わった後は大体休憩があるので、午前中の場合は8時半~や9時にスタートして、12時や12時半頃に終わります。学校によっては曜日で午前午後の組み合わせのところ、午前のみ、午後のみと変わります。

レッスン内容も、1日2コマ(スピーキング)2コマ(文法)や月・水・金(スピーキング)火・木(文法)と学校によって変わってきます。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの基本4要素を学ぶとされていますが、マルタはどこもスピーキング重視なので、文法のレッスン日でもかなり話す場面が多いです。

クラス人数は大体8名~12名です。1クラスの最大人数が各語学学校決められているので、それ以上クラスの人数が増えるということはありません。

2.一般(ジェネラル)コース30(週30時間)

Intensiveコースともいいますが、基本のGeneralコースに加えコマ数を増やし週30時間のレッスンとなります。午前に授業がある場合は、午後に90分レッスンを付け加えるような形です。(13時~14時半とか。もし午後に授業があった場合はそのあとにつくので、16時半~18時とか。)

学校によってはより実践的な内容でスピーキングを強化するようなレッスンや決まったトピック(リスニング・文法・映画・時事問題など)について掘り下げるレッスンになっています。

3.コンビネーションコース(一般コース20+プライベートコース)

一般コース20に加えてプライベートレッスンを追加でとるコースです。イメージとしてはIntensiveの代わりにプライベートをとるというような感じです。1対1のレッスンもとれるので、グループレッスンのあとに足りない部分をプライベートレッスンで補うことが可能です。時期によっては先生が足りないということもあり、待つ必要があることもあるので、留学スタートしてからコース変更など希望をする場合は早めに相談をおススメします。

4.ミニグループコース

大体最大のクラス人数を6名など少数でレッスンが受けられるコースです。一般コースをミニグループコースにすることも可能ですし、Intensiveコースをミニグループにすることも可能です。人数が少ないだけにそれぞれが話す量も増えますし、分からないことも質問しやすいです。大人数だとちゃんとついていけるか心配という方はこちらも検討してみましょう。

5.ビジネス英会話コース

ほとんどの学校が、一般(ジェネラル)コースをビジネス英会話コースへ変更という形となりますが、学校によっては一般コースをとりながらビジネス英会話をつけくわえることもできます。学校によって違うので、興味がある方は希望する語学学校ではどのようなコース体系があるのか調べてみましょう。ビジネスというコースがないところもあるので、注意が必要です。また、ビジネス英会話をとらなくてもIntensiveコースにEnglish for workという内容のクラスがあるところもあるので、そちらでとってみることもできます。ただ内容はビジネス英会話の方がしっかりしています。また人数も少なめに設定されているところがほとんどです。

POINT

こちらのコースはある程度のレベルが求められることがあるので、中級以上にレベルがあがってからコースを変更するという形が良いと思います。

6.試験対策コース

TOEICやIELTS、ケンブリッジ検定対策などのコースです。最低6週間や8週間~受講可能など、試験対策ですので最低受講週が決められているところがほとんどです。またレベルも上級以上可能など、初級~中級だと受講自体が難しい場合があります。

POINT

基本的には、長期留学生で最初一般(ジェネラル)で始めて1番上のレベルに行ったあと、試験対策へ切り替えという形になると思います。学校から提案されることもあるようですし、長期の場合には目標が必要となってくるので、途中から試験コースをとることをおススメします。語学学校を決める際には、試験コースへの切り替えも可能かどうか視野にいれておくといいかもしれません。

※上記は、コースによって受講料が変わってきます。

 

7.アカデミックイヤーコース

20週もしくは24週からの長期留学生用コースです。

学校によっては長期の生徒と短期の生徒でクラス自体を分け、全般的に英語力をバランスよく伸ばすことを目標としてコースが設定されていたり、6週間などで1サイクルとして固定メンバーで授業を行い、グループ発表やテストなども設けている学校もあります。

長期用クラスを特に設けてない学校(短期留学生と一緒)もありますが、チューターがつくので、人によっては途中で試験コースへの切り替えを提案してもらえる場合もあります。長期で留学を検討している場合は、こちらのコースがある学校を検討してみてもいいかもしれません。

8.Club30コース

30歳以上の人限定でとれるコースです。このコースをもうけている学校は知っている限りでは「ECマルタ」です。もし年齢を気にされる場合はこちらも検討してもいいかもしれません。校舎も別々でレセプションも別です。アクティビティも別で企画されています。(10代20代の方がもっとクラブやパーティのイベントが多い)

私が実際にとっていたコース

  • 「一般(ジェネラル)コース20)」
  • 「Club30コース」

私の場合、4カ月ほどの短期留学だったので、選択肢としては特に悩むこともなく基本的なコースをとっていました。学校も「ECマルタ」へ行っていたので、30歳以上だと必然と「Club30コース」に振り分けられてしまうので、希望したわけではありませんが、このようなコースとなりました。

「一般(ジェネラル)コース20)」

20時間のGeneralコースのみ受講した理由はどんな生活スタイルになるか分からなかったので、いきなり週30時間もレッスンがあるのってきついかな?と思ったからです。またもし追加したければ差額を支払えば受講も可能なので、1カ月様子をみて2か月目から授業を追加しようと思っていました。が、結局は最後まで週20のコースのままでした。

一般(ジェネラル)コース20)の感想

私の周りではIntensiveをとっていた子がほとんどでしたが、結果論としては、とらなくても良かったが午後に何か授業をしていれば良かったかなと思います。とろうかどうか迷った時にIntensiveをとっている友達にどんな感じか聞いたところ「ん~、Generalとレッスン内容さほど変わらないよ。スピーキングとかリスニングとか何かクラスによってレッスン内容決まっているみたいだけど、全然そんなこともないし」という話。その時はGeneralコースのレッスンでもあまり満足をしていなかったので、同じものを追加するのはあまり意味がないと思い、やめました。

ただ同じ先生・メンバーで毎日レッスンをするということやこのレッスンが1日の最後になるので、そのあとどこかカフェに行ったりご飯の約束したりとクラスのみんな仲が良いイメージでした。私は午前中で終わってしまって1人寮へ帰る毎日だったので(しかも寮が遠い)、Intensiveや午後にクラスをとってたらもっと仲良い友達できたかな~と今となっては思いますし、もっと英語を使う時間を有効に使えたかもと思うからです。あとは多分どこの学校もフリーで授業後にレッスンをとれたりするんですが、Intensiveの後に設定をされていたりするので、1度家に帰ってからまた学校へ来るのまでのやる気が出ず(往復1時間)あまりとることができませんでした。これはちょっともったいないかなと思いました。

POINT

私の場合、午後の時間を他に使いたい!と違うことを始めました。そちらはまた詳しくお話したいと思います。もしジェネラルコースをとる方は、きっと少し物足りないと思われると思うので、物足りないなと感じたらコース追加などを検討してみることをおススメします。

「Club30コース」

私は、30代になったばかりでしたが、正直こちらのコースはあまり希望はしていませんでした。若い外国人と一緒にレッスンを受けたりするのは、スペインの時に経験していて特に嫌だと思ったことがないからです。逆に若い日本人(10代とか)と一緒にクラスを受けるのは嫌だな~とちょっと思ったくらい。(失礼ですみません)が、このコース希望ではなくて勝手に割り振られました。

エージェントさんに「私年下の子と授業でもいいんですが、それも可能ですか?」と聞くと「30歳になる年(29歳)から上の人は、そのクラスに割り振られます。もし下の子と一緒が希望であれば、それもできますがまず体験してみることおススメします」というアドバイスでした。

「Club30コース」の感想

正直な感想はどちらでも良かったかな?というところです。年齢が低いクラスの子は仕事を辞めてキャリアアップをという子もいましたが、学校の休みとか大学生で休学して来ている子とか就職する前にちょっと留学しに来た子とか。30代以上の人は仕事を辞めてキャリアアップのために来た人や英語圏で仕事を探したい人、仕事でさらに英語を使えるようになりたい人などが多く、またはリタイヤしてバケーションがてら空いた時間にレッスンを受けている人がほとんどでした。なので長期組みで真剣に英語を勉強したい!という人が多かったことです。レッスン内容も年齢が低いクラスも試しての感想ですが、コースが分かれていることでレッスンで話す話題など30代以上のクラスでは、結構大人向けに設定をしてくれているんではないかなと思います。ただ年齢でクラスを分けてない学校については、クラス内容もバランスのとれた内容にしているでしょうですし、コースが分かれているからこそレッスン内容が年齢によって違うと結構感じてしまったのかもしれません。

あとは、やはり年だけに国柄にもよりますが、クラブ通いはあまりしない人が多かったです。そこは若い子と一緒だともっとナイトライフを楽しめたな!?というところでしょうか。

余談

スタート当時、クラスには日本人1人しかおらず、周りを見回す限り40代とか50代の方が多くいました。今思えばあのクラスは本当にいいクラスだったんですが、その時は「え、こんな感じなの?」と今までの経験からちょっとショックを受けました。マルタは、短期留学生が多いので、1週間でメンバーががらりと変わることも稀ではありません。なので、とりあえず1週間試してみて、このクラスで30代近くの子が来ないかな~?と期待して次の週にクラスに行ってみたところ、「全然いない!!」ということで、早速スタッフに

「あ、あの。先週授業受けてみたんだけど、私と同じくらいの年齢の人がいるクラスって他にないですか…??」

「どうしたの?何かあった?」

「いや、何か40代50代の人達ばっかりで、あんまり慣れなくて…ここで30代の人が多いクラスってありますか?」

と相談してみたところ、とても親切に話を聞いてくれて、すぐにクラスの調整をしてくれました。次の日には、違うクラスに入ることに。ただ、次の日入ったクラスは「10代~20代クラス!!」

「あれ、そういう意味で言ったんじゃなかったのに。。こっちのクラスになっている。」と焦ったんですが、もともとはクラス年齢とか分けられるのって何か嫌だな。若い子とも交流したい!と思っていたので、もしこのクラスが好きだったらこのクラスにしようと。

が、、、その日がたまたまか分かりませんがレッスン内容が簡単すぎる!!というか幼い!!その日やったのは1枚の紙に何でもいいから書いて、隣のペアの子に何が書かれているか説明し、隣の子が聞いた通りに絵を書いてみる。お互いに書いたらペアでどれだけ似ている絵が書けているか??みたいなやつとか。同じレベルでもこんななの??と焦りました。もともとのクラスは、皆ワイワイ思ったことを話ながら盛り上げるということが多かったのですが、ここは先生に聞かれてやっとみんな答えるような雰囲気。(全然私より話せるのに)プラス日本人が私いれて3人。これはちょっと元のクラスの方がいいかも。。と思って、ちょっとめんどい生徒ですが、またまたスタッフのものへ。

「あの、、今日試してみたんだけど、下の子達と一緒にクラスをするっていう意味じゃなくて、Club30の中で年齢が低い人達と一緒にやりたいって意味だったの。。」

「OH!そうだったのでね。ん~でもその他のクラスは今のところ空きがないのよ。ちょっと待って!あっちのスタッフの人と相談してみるから、ここで待っててくれる?」

と言ってあっちの校舎のスタッフとも話をしてくれて

「ここのクラスは、30代が2名と40代が1名いるから、ここどう?いいと思うんだけど、気に入るかどうか明日試してみて!」と「ミニグループコース」を提案してくれたんです。

次の日から2日間「ミニグループコース」で受講してみましたが、やはり人数が少ないだけに話す量も増えるし、難しかったですがこのペースであればいけるかも?という感じでした。ただ日本人が私いれて3名、ロシアの人が1名の4名。私はロシア人の子とペアだったので、「まっいいか」と来週からもこのクラスにしたいと言うとスタッフの人も「それは良かった!」と言ってくれたんですが、すでに次週のクラス調整はすんでいた様子で、今回は空きがあったので案内してくれたんですが、来週からは空きがないとのこと。。

1つ下のレベルのクラスには結構30歳とか31歳とか多いクラスもあると聞いていたのですが、基本スタッフは下のレベルに行くことを良くは思いません。私も「レベル下にさげてもいいんだけど…」と言っても「それはおススメしないよ。今のレベルでもう少し頑張ってみて!」と言われました。これはもう仕方なかったので、来週からはもとのClub30のクラスへ戻りました。そこでは意外と「あれ??どこのクラス行ってたの??」「先週いなかったよね!元気?」とか。1週間しかいなかったのに皆覚えててくれている(´;ω;`)最終的にはここのクラスで私が1番の古株になったのでした。笑

 まとめ

今回は私がとった実際のコースをご紹介しました。ちょっと余談も多くて申し訳ありません。もし私が次回マルタ留学をするとしたら「ビジネス英語」や「ミニグループコース」などちょっと違うコースを追加すると思います。長期か短期によっても変わってきます。レベルによっても選択肢が変わってくるので、難しいところもあるかもしれませんね。予算のこともありますし、このコースとりたいけど高くてちょっとと思われていたら、エージェントさんと相談しながら、明確にしていきましょう!きっとアドバイスをしてくれるはずです。何か質問があれば、私もいつでもご返信しますよ!